中古バスボート ・ フィッシングボート   レストア & カスタム艇

MARINE TECH JAPAN


中古艇ページに戻る

マクロ 13C   整備記録
ボート(艇体)の整備記録

ボート(艇体)の整備記録の一部を、画像と共に掲載しております。

船外機及び全ての艤装品を艇体より取り外し、全体整備を行いました。
艇体表面のクリヤーゲルコートのくすみが見られた為、全体にクリヤー塗料の上塗りをして艶出しを行っております。
旧艇では、デッキの心材に木材を使用している場合が多いです。しかし、魚探等の取付けの際にビス穴に対して防水処理を行っていない事例が多く見受けられます。その様な取付けを行うと経年の浸水により内部の木材が腐ってしまい、デッキの強度が低下してしまいます。
この艇にもその様な不具合がフロントデッキに見受けられましたのでデッキの不良箇所を除去し、新たな心材となるコンパネを設置してFRP作業にて修復を行いました。
尚、その際にデッキ全体のカーペットを新品に張り替えております。ボートシートも新品の物に取り替え済みです。
又、ストレージ内部の敷板も、防水処理を施した板にて全て作り直しております。

※主な整備記録の掲載となっておりますので、軽微な整備等は特に記載しておりません。

1
船外機及び全ての艤装品を艇体より取り外して整備を行っております。
2
デッキ全体及びハルサイドをクリヤー塗料にて上塗りを施し、全体的に艶出しをしております。
3
水分を含み強度が低下しているフロントデッキ部分を除去し、新たな心材となるコンパネを設置しました。
4
FRP及びゲルコート(トップコート)にて設置板を処理します。
5
カーペットを貼って仕上げです。今回は、パンチカーペットを使用しております。
6
ミドルデッキ、リアデッキ共にダメージは無かった為、カーペットのみ張り替えております。
7
ボートシートは新品に交換済み。
1人乗りのトーナメント仕様を意識して、パセンジャーシートは撤去しております。よって、リアデッキにあるライブウェルへのアクセスが容易になります。
8
ビルジポンプ及びエアレーターポンプ用のトグルスイッチ交換。更に、両ポンプからスイッチ間のハーネスは新品に引き直されております。
タコメーターも装備されております。
パワーチルトのアップダウンスイッチがコンソールパネルに取り付けられております。
9
各コンソール内部の敷板は黒く塗られた防水性の弱い板が取り付けられておりました。
今回これらの全ての板を撤去し、新規に防水性を高めた敷板に交換しております。
10
全てのストレージのヒンジロックレバーを新品に交換しております。
11
ライブウェルの作動は良好です。
12
ビルジポンプは新品に交換済み。

船外機の整備記録

船外機の整備記録の一部を、画像と共に掲載しております。

船外機は艇体より外して全体整備を実施しております。
又、パワーヘッド周りの多くの部品を取り外しながら、トップカウル内部の洗浄と個々の部品のチェックを行っております。
尚、コンプレッション測定を行たところ#1シリンダーの圧縮圧力が低かった為、シリンダヘッドの開放チェックを行いました。わずかなヘッドガスケットの抜けが確認された為、ヘッド周りの清掃と共に新しいガスケットに交換しました。結果、十分な圧縮圧力が得られております。
2ストローク船外機の教科書の様な、シンプル構造のトーハツ2気筒船外機です。

※主な整備記録の掲載となっておりますので、軽微な整備等は特に記載しておりません。

13
キャブレター分解整備実施済み。
フューエルホース及びフィルター他、燃料系統のチェック及び清掃も実施済みです。
燃料タンクの内部もきれいになっております。
14
整備前の旧インペラの画像です。
破損はしていないものの当然交換です。
冷却水通路(吸込み側)に砂等の詰りも見受けられます。全て清掃済み。
15
シリンダヘッド内側の冷却水通路、サーモスタット周りの詰まり易い部分の清掃を行い、新しいヘッドガスケットと共にブロックに組み付けられました。
16
パワーヘッド周辺の部品を取り外し、各部の点検及び洗浄を行っております。
17
各部品を取り外し洗浄を行う事によって、不具合箇所の発見が容易になります。
古いエンジンでは効果的な手法です。
18
ガスケット類も新品に交換され、とても気持ち良いです。
19
パワーチルトシリンダーAss'yを本体より外し、摺動部及びモーターの整備を行っております。
20
PTTモーター分解整備済み。
コミューター研磨、ブラシ他の点検清掃を行っております。
21
ギヤケース内部への水の混入もなく、ギヤ、ドッククラッチ、ベアリング共に異常はありませんでした。
勿論ギヤオイルは交換済みです。
22
トップカウルはガンメタリックに塗装済み。

トレーラーの整備記録

トレーラーの整備記録の一部を、画像と共に掲載しております。

全体的に錆が目立っていた為、錆落とし後に下塗り及びウレタン塗料による全体塗装を施しました。
ハブの分解清掃と同時に、全てのベアリング(4箇所)をアウターレースと共に新品交換しております。タイヤも新品に交換してありますので足回りは安心です。
テールライトはソレックス純正の防水タイプです。ウインチストラップも新品交換済み。

※主な整備記録の掲載となっておりますので、軽微な整備等は特に記載しておりません。

23
構成部品を全て分解してからの全塗装です。
まずは下塗りのプラサフ… 耐水タイプを使用しております。
24
自動車補修用塗料にて上塗り全塗装です。
25
一旦ハブを分解して、内部の構成部品を丁寧に洗浄します。
26
新品ベアリングのアウターレースです。ベアリングとセットにて交換をします。
27
全箇所(4箇所)新品のベアリングに交換済み。
28
ベアリング装着後、新品のオイルシールを打ち込みます。ケースもペイント済み。
29
ベアリングプロテクターはきれいに洗浄して再使用しております。
グリスの充填状態が目視にて確認が出来るクリヤーケースのタイプです。
30
ブリヂストンの新品タイヤに交換済みです。
31
バンクカーペットは新品に張り替えられております。
ウインチストラップも新品に交換済みです。
32
ソレックス純正の防水型コンビネーションランプを使用しております。
車検取得済みです。

中古艇ページに戻る