中古バスボート ・ フィッシングボート   レストア & カスタム艇

MARINE TECH JAPAN


中古艇ページに戻る

マックストレーラー   整備記録
トレーラーの整備記録

トレーラーの整備記録の一部を画像と共に掲載しております。

このトレーラーの車枠は、亜鉛メッキの上にペイントを施してある為、とても錆びに強いタイプです。
所々に表面ペイントの剥がれが見受けられますが、フレーム本体には大きな錆やダメージが無い状態です。
整備に関しては、多くの組立構成部品を一旦分解し、実施をしております。
勿論、走行に関して一番重要となるベアリングの分解清掃の整備も行ております。
尚、左側車輪のハブにつきましては、水の混入等によりベアリングのダメージが確認出来ましたので、ハブの手前側と奥側のベアリングを、アウターレースと共に新品に交換済みです。

※主な整備記録の掲載となっておりますので、軽微な整備等は特に記載しておりません。

1
ハブ、アクスル、リーフスプリング、灯火類等の構成部品を一旦分解してから、個々の部品の整備を行い、再度、組立を行っております。
2
ハブの分解整備と共に、グリス及びグリスシール(オイルシール)の入替を行っております。
スピンドルの状態も良好です。
尚、左側車輪のハブベアリングにつきましては、新品に交換済みです。
3
こちらがダメージを受けた左側車輪のハブベアリングです。
ローラーの表面が滑らかな状態でありません。
4
こちらが新品のベアリング…。 とても綺麗な表面です。
左側車輪のハブの手前側及び奥側に取り付けられました。
5
こちらがベアリングのアウターレースで、ローラーを受ける部分となります。
ご覧の通り、表面がザラザラの状態です。
このまま使用を続けるとベアリングに重大なダメージを与え、車輪のガタツキが大きく発生し、とても危険です!
6
こちらが新品ベアリングのアウターレースとなります。
ローラーとの当たり面が非常に滑らかな状態で安心です。
7
専用の打ち込みツールにて、キッチリハブに挿入します。
この上にテーパーローラーベアリング(ハブベアリング)が乗ります。
8
ベアリングが収まった状態です。
(注意! 説明画像ですのでグリスが注入されていない状態です。)
1
FRP製のフェンダーですが、本体への取り付け部分にひび割れが発生しておりました。
グラスファイバーが薄い為の経年劣化です。
1
その取り付け部分(ひび割れた部分)をFRPにて少々強化したと共に、修復を行いました。
1
元々のテールランプ取付けステーが薄く、全体的にダメージを受けている状態でしたので、新規に 5㎜ 厚のフラットバーにてステーを作成しました。
2
こちらが新規作成をしたテールランプ取付け用の左右のステーです。
後面反射器及びナンバーも、このステーに取り付けます。
3
交換された、ハブのグリスシール(オイルシール)は日本製の物です。
4
同じく、ハブベアリングも日本製(NTN社製品)を使用しております。

中古艇ページに戻る